公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

3年以上の生死不明

夫婦として共同生活をおくるべき相手が3年以上も生死不明であると、裁判上の離婚原因として認められます。共同生活する相手がいなければ、相手と離婚協議すらおこなうことができません。裁判によるしか離婚する方法がありません。

生死不明というのは行方不明とは違って、単に相手と連絡がとれないだけではなく、生きていることの確認ができない状態のことです。もし生きていることが分かっていれば、生死不明には該当せず、行方不明ということになります。

 

3年以上も生死不明であれば、夫婦生活の実態もなくなっており、将来的に夫婦生活を修復していくことを期待することもできませんので、裁判所としても離婚を認めることはやむを得ません。実際には、3年以上の生死不明による離婚というケースは、現代ではあまり見られないようです。

なお、万一、裁判離婚が確定した後になってから生死不明であった配偶者の生存が確認できた場合であっても、すでに離婚判決が確定していますので、離婚した事実に変更はありません。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

 

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等