公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

面会交流の実施方法等の取り決め

面会交流は、夫婦間の未成熟子が幼いときには大事な取り決めです。特に、夫婦間の関係が悪化して離婚になるときには、面会交流に関しての実施方法について細かく取り決めが行なわれることがあります。

子にとっては父母の両方から愛情を受けて育つことが望ましいとされていることから、面会交流の実施は、子のためにも有益なことであると考えられています。また、面会交流は、別居している親の権利であるとも考えられています。

夫婦が離婚する理由の多くが、性格の不一致、価値観の相違などです。そのため、子の教育方針に関しても、父母間で意見の相違があることが考えられます。このため、離婚後に面会交流で父母間でトラブルとならないように、あらかじめ離婚の際に面会交流の実施方法等について取り決めしておきます。

面会交流の毎月の実施回数、場所、時間、宿泊の有無、子の引渡し引受け方法など、面会の実施方法に関することを決めます。特に、宿泊については、子が幼いときには難しいこともあることから、注意が必要になります。

子が未成年であっても高校生などになっていると、子の意思が尊重されることになります。親の方としても、大きくなった子に対して、細かい指図や行動の拘束をすることは現実的に難しくなります。スマホ等による通信手段も発達していますので、連絡を取ることだけであれば容易に行なうことができます。

 

公正証書の作成における面会交流の取り決めは、大まかなところで行なわれているのが現状です。
むしろ、あまり細かく決めすぎると守れなくなることによって不履行が生じることが心配されます。そのため、毎月一回の面会交流を、事前協議によっておこなうことを決めるぐらいを基本に考えられては良いのではないかと考えます。

公正証書で約束したことが守られないことは良くないですし、養育費の支払いの方にも影響しかねません。このようなことから、ある程度のことだけを決めておけば、実際には実施の際の協議で足りるのではないかと考えます。

 

また、面会交流の実施において支障が生じた場合には、面会交流の実施方法についての変更について、父母間で協議することになります。
もし、そこで話し合いがつかないときには、家庭裁判所に対して調停もしくは審判の申し立てをおこなうことになります。

面会交流の実施については、親側の権利であることも踏まえながらも、最終的には子の利益を守る観点から決められることになります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等