公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

離婚原因とは?

日本では離婚する方法として協議離婚が全体の9割近くを占めています。
協議離婚では、夫婦間による話し合いで離婚に合意ができれば、離婚届を行なうだけで済みます。ただし、夫婦による協議で、離婚条件について折り合いがつかないこともあり、このようなときには家庭裁判所に場所を移して調停により離婚を進めることになります。

しかし、協議、調停によっても離婚に夫婦での合意が得られないときには、裁判により離婚を行なうことになります。

はじめから裁判離婚を望む夫婦は多くありません。できるだけ、条件で譲歩しても協議離婚、調停離婚で決めたいと考えます。しかし、夫婦の一方が離婚に合意しない、条件が決まらない場合には、裁判の方法によるしかありません。

 

しかし、裁判になると、離婚まで1年近くかかるうえ、弁護士への高額な裁判費用を負担しなければなりません。

また、裁判では、離婚原因や婚姻関係の破たん等について立証して主張しなければならないことから、精神的にも大きく疲弊してしまうと言われます。

裁判による離婚では、法律で定める離婚原因があり、すでに修復できないまでに夫婦関係が破たんしていることが判断されます。

民法で定めている離婚原因には、次のものがあります。

①配偶者による不貞行為

②配偶者による悪意の遺棄

③配偶者の生死が3年以上明らかでない

④配偶者が強度の精神病にかかって回復見込みがない

⑤その他婚姻を継続しがたい重大な事由がある

 

裁判では、上記の離婚原因があり離婚がやむを得ないことであるか判断されます。
ただし、家庭裁判所が一切の事情を考慮して婚姻関係を継続させることが可能であると考えるときには、離婚を認めない判断となることもあります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等