公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

離婚協議で財産が隠されていたら?

財産分与は、婚姻期間中において夫婦が共同で築いた財産について、夫婦間で離婚後の帰属を定めるものです。婚姻期間が長くなるほど財産も増えていく傾向にありますので、場合によっては離婚協議のときに気付かないで隠されてしまった財産もあることも考えられます。

このような隠れた財産があったことが、何かの契機によって離婚後に判明することがあります。財産分与できる期間は離婚後2年以内というように定められていますので、離婚後にも財産分与を行なうことが認められています。したがって、離婚後になってから判明した財産については、財産分与をおこなうことが基本になります。

しかし、離婚後になって何年も経過してから隠れ財産が判明したときにはどうでしょうか?このときには、財産分与という形にはなりませんが、本来は財産分与によって確保できていた権利が侵害されてたことの損害賠償請求を行なうことにより、実質的に見付かった財産の一部を取得することが可能です。

 

やはり、できる限り離婚協議のときに、財産分与の対象となる財産の範囲をしっかり把握しておくことに越したことはありません。互いに離婚後になってから、財産分与についての再協議を行なうようなことは避けたいと思います。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

 

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等