公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

離婚の戸籍記載について

戸籍は、日本の国民であること、その身分について、公的に証明する制度になります。出生から死亡までが戸籍に記録されることになります。

婚姻したときには、夫婦として新しい一つの戸籍をつくります。このため、夫婦は氏(姓)が同じになることを求められるのです(夫婦同氏)。離婚するときには、婚姻によって氏を変更した側(ほとんどが妻側になります)が、夫婦の戸籍から抜けることになります。

このとき、離婚の事実が戸籍に記載されるのですが、離婚の方法も戸籍に記載されることになります。このため、協議離婚、調停離婚、判決(裁判)離婚したのかが分かることになります。

これは、協議離婚が離婚届の受理日となる一方で、調停離婚や判決離婚のときには、その調停等の成立日が離婚日(したがって成立日と届け出日にズレが生じる)になるという手続上の規則もあるからです。

 

このようなことから、夫婦によっては、調停で離婚合意がまとまった場合であっても、あえて最終的に協議離婚の届け出をおこなう形をとることがあります。

どうしてそのような面倒な手続きをおこなうのかは、夫婦によって理由が違います。
ただ、調停によって離婚したことを戸籍にのこしたくないという理由によることが多いようです。将来になって、夫婦の子どもが両親の戸籍を見たときに両親が調停によって離婚したというのでは両親がケンカ別れしたように思われるのではないかと心配するためです。
また、再婚するときにも、同様に離婚するときに争ったと思われるのを避けたいからということも理由になるようです。

そのようなことを気にしない夫婦も多くいますので、あくまでも気持ちの問題ということになろうかと考えます。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等