公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

離婚しているが今から公正証書にしたい

離婚のときに決めた約束を公正証書にしたいという方は多くいらっしゃいます。だいたいの方は、離婚届を出すまでに公正証書にすることで離婚の手続きを進めていかれます。

しかし中には、離婚のときには感情的になっていて夫婦双方での話し合いができなかった、忙しくて契約書について考える時間がなかった、離婚協議書や公正証書の意義などを知らなかった、という理由によって、離婚後に公正証書を作成したいというお話があります。

公正証書は契約書を公文書とする手続きですので、離婚後であっても、契約などの合意ができていれば可能になります。約束ができていても契約書になっていないと心配でしょうから、特に養育費の支払い契約などは公正証書にしておくと良いと思います。

 

ただ、ここで現実的な問題がありますそれは、一方が公正証書の作成に合意しないということです

 

公正証書を作成したい側は、養育費等の支払いを受ける側になります。一方で、養育費等を支払う側としては、公正証書という厳しい契約書にして自分自身を拘束することを好みません。なぜなら、万一にでも養育費等の支払いが滞納してしまったら、給与等の差し押さえを受けてしまうからです。

契約は対等な関係でおこなうものですが、離婚の公正証書に関しては強制執行認諾約款があることから、支払義務者側は気持ちのうえで躊躇してしまいます。約束は守りたいけれども、将来に何があるか分からない、という心配があります

特に、離婚後になって養育費の負担を現実に感じることによって、養育費の支払いを長期間にわたって支払うことの大変さが実感となるのです。離婚前の話し合いでは「絶対に払うから心配いらない」ということであったのが、離婚後になると「いろいろと厳しいから少し待ってくれ」ということになりかねないのです。

以上のようなこともあって、離婚後に公正証書を作成したいというご相談のお客さまは、実際にはなかなかスムーズに話が進まないことが多いのです。

このようなことから、面倒であっても、、できるだけ離婚届を行なう前までに公正証書の作成を完了していくことをお勧めいたします。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等