公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

離婚したら相続はどうなる?

法律上の夫婦であれは、配偶者は常に相続人になります。配偶者は、相続に関して法律上の地位が確立されております。ただし、内縁関係である場合には相続権がありません。内縁の相手に相続で財産を遺したいときには遺言書が必要になります。

このように法律上の配偶者であることが相続では重要であるため、裏をかえせば離婚して法律上の配偶者の地位が解消されると、相続権は全てなくなります。その代わり、離婚時に財産分与という形により、婚姻期間中に夫婦で共同形成された財産については分与が行なわれます。

 

ただし、夫婦間に生まれた子については、離婚によっても相続権はなくなりません。両親の離婚によっても、法律上の親子の関係はなくならないためです。そのかわり、親が再婚すれば、再婚相手に配偶者としての相続権があることになりますので、子の法定相続分は2分の1になります。また、再婚相手との間に子が生まれると、子の法定相続分2分の1についてさらに子の間で分割されることになります。

血のつながった親子関係は、養子縁組と異なって、消滅することはありません。
ただし、相続権に関しては、親に対しての虐待、侮辱や、著しい非行があるときには、廃除がおこなわれることも可能性としてあります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

 

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等