公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

離婚時に必要な社会保険手続きは?

離婚によって、婚姻期間中の夫婦間における扶養、被扶養の関係が変更になることが起きます。このときに必要な手続きを、国民年金と医療保険について確認しておきます。

 

国民年金は、被保険者の種類が1号、2号、3号とあります。

妻が主婦として3号被保険者であったときには、離婚後に種別の変更が必要になります。会社勤めをして2号被保険者になるときには、会社の方で手続きをしてくれます。そうでない場合には、1号被保険者になりますので、その旨の変更手続きを離婚から14日以内に市区町村役場へ行なわなくてはなりません。

1号被保険者になると、国民年金保険料を自分で納付しなければなりません。収入的に困難な場合には、保険料の減免申請もできますので、市区町村役場の担当窓口にご相談されるのがよいでしょう。

 

医療保険には、会社員の加入する協会けんぽ、健康保険組合と、それ以外の方が加入する国民健康保険があります。

妻が主婦であるときには夫が会社員の場合には、妻は夫の健保の被扶養者になっています。このような場合、離婚すると健保の被扶養者から外れることになりますので、国民健康保険に加入することになります。離婚から14日以内に手続きが必要になりますので、市区町村役場の窓口で事前に手続きを確認されておくと良いでしょう。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等