公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

配偶者からの暴力による離婚請求

人に対して暴力を振るうことは、法律的に許される行為ではありません。暴力行為は、たとえ夫婦間であっても認められる行為ではありません。暴力行為の程度によっては裁判上での離婚請求が認められることもあります。

一般に暴力と言うと、ぶつ、殴る、蹴るなど相手に対して直接的に身体に与えるものが考えられます。離婚の場合には、このような身体的な暴力はもちろんのことですが、配偶者の方向に物を投げつけたり、言葉の暴力によって精神的にダメージを与えるような行為も問題となります。

弊所への相談者からも、直接殴られることはないけれども、物を投げつけられたり、物にあたって壊したり、大きな声で怒ったりするので、怖くて仕方ないという話を聞くことがあります。本人が強く意図して行なう行為でなかったとしても、その行為を受ける側には恐怖を与えられることがあると思います。

暴力行為があることだけで婚姻が継続できなくなることもありますし、暴力が原因となって同居することができなくなって婚姻が続けられなくなることもあります。配偶者から物を投げつけられることが原因で別居となり、離婚請求で離婚が認められた事例もあります。

暴力は人間の信頼関係を大きく損なわせるものです。離婚請求があったときには、個別のケースごとに、暴力によって夫婦関係が修復できないまで壊れていて婚姻の継続が難しいことになっているかを判断されます。

暴力は配偶者以外の家族に対して行なうことも問題となります。連れ子に対する虐待行為、同居する親に対する暴力行為なども、離婚原因として認められることもあります。

このような暴力行為については、暴力を受ける被害者側が精神的及び身体的な苦痛を受けることになりますので、慰謝料の請求も認められることになります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

 

 

 

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等