公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

財産分与の時期はいつか?

離婚時に夫婦が婚姻期間中に共同で築いた財産があるときには、財産分与という形で共同(共有)財産について清算します。

財産分与はとなる財産は、形式上の名義がどちらになっているかに関係ありません。一般的に、夫婦の財産は夫の名義になっていることが多くあります。そのため、財産分与の手続きとしても、夫から妻への名義変更が必要になることが多いと思われます。

ただし、夫婦共有の住宅については、名義を単独にするために、妻から夫へ持分名義の変更をすることも多く行なわれます。離婚後にも不動産が元夫婦共有というのでは、ただちに問題となることはありませんが、財産の管理上でも好ましい状態とは言えません。

 

この財産分与は、離婚を原因として行なわれるものです。
したがって、離婚前に行なうことは財産分与とはなりませんので、ご注意ください。
実務的に、離婚にあわせて整理を進めておかれることはあると思います。ただし、不動産のような登記が関係する場合には、財産分与を原因として所有権移転登記をおこなうことになりますので、離婚後の手続きとなります。離婚の前では、形式的には贈与とみなされてしまいます。

なお、基本的には離婚時におこなうべき財産分与も、離婚までに夫婦での話し合いがまとまらないことがあります。このようなときには、離婚から2年以内に財産分与の請求を相手に行なわなければなりません。家庭裁判所に対して、調停、審判の申し立てをおこなうことになります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等