公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

親権者と監護権者は分けられる?

親権者と監護権者を別々にできるのですか?

親権者は父母のどちらか一方に決めることが、協議離婚届けの条件になっています。この協議離婚届けでは監護権者を別に指定することはありません。一般には監護権を親権から分けることは行ないません。子と一緒に生活して身の回りの世話や教育をする監護権は、親権に含まれるものであり、一体であることが自然であると考えられます。

ところが、離婚する夫婦が、どちらも親権を欲しいという事で争うようになると、現実的な解決策として、親権者と監護権者をそれぞれで分けることが決められることがあります。このような取り決めも、夫婦の話し合いで行なう事ができます。

ただし、監護権を分けることは離婚後の父母間の関係が子も含めて複雑になることもあり、家庭裁判所の実務ではほとんど認められません。親権者は財産管理権を持つほか、子の法定代理人になりますので、子のための手続きにおいて大事な場面で関係してくることになります。

なお、監護権者を変更するときは、親権者の場合と異なって、家庭裁判所の許可が必要ありません。

 

祖父母が監護権者になること

親権者になっていても、仕事の関係などいろいろな事情から、子の監護を行なうことが難しいことがあります。このようなときには、祖父母を監護権者にすることも可能です。子の健やかな成長にとってその方が良い場合もあると思われます。現実にも、監護権者の指定という手続きを行なわないまでも、祖父母に子を預けているケースはあるものです。

家庭裁判所の審判においても、祖父母が監護権者となることを認められるケースがあるようです。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等