公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

相手には子を会わせたくない

「もう相手(夫または妻)には子を会わせたくない」というお話をお伺いします。

現実にそのようなお気持になるのも理解できますが、やはり、少し冷静にお考えいただくことが必要であると考えます。

離婚してからは、父母のどちらか一方だけが親権者となります。通常では親権者が監護養育をおこなうことになります。

離婚の経緯によっては夫婦の信頼関係が大きく損なわれてしまっている場合もあります。このような場合には、離婚後の面会交流に影響がでてきます。

面会交流は、親権者(監護権者)でなくなった側の親が、離婚後に子と会って交流をはかるものです。親の権利であるとも考えられています。一方で、面会交流は、子の側にとっても、両方の親と会えることで精神面の成長に役立つものと考えられています。

ただし、父母間に感情的な摩擦が大きく残っていると、面会交流に否定的になってしまいがちです。大事に監護養育している子を、信頼できない相手に会わせることは苦痛にもなるでしょう。

でも、一方の親も、離婚という事情によって子と別居して暮らしていくことになっていますので、定期的には子と会って、その成長を確かめたい、自分の考えも伝えたい、と思うでしょう。

両方の親の意向を両立させることはできません。ここでは、やはり子のためには何が望ましいのか?という観点から考えることになります。

家庭裁判所では、面会交流の適否を判断するときには、子の利益を重要視します。父母間においても、結局は、自分たちの大切な子がどのように考えるのかを常に念頭に置いて、面会交流について考えていくことが必要になるものと考えます。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

養育費のことなら公正証書離婚@安心サポート

 

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等