公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

生命保険の財産分与

日本における生命保険の世帯加入率は高く、今ではどの家庭においても何らかの生命保険に加入しています。このように生命保険は、家庭の生活保障を支える大事な制度として利用されています。

この生命保険も、離婚によって保障内容の見直しが必要になります。離婚のときには、加入している生命保険をすべてチェックし、不要な保険については整理し、必要なものは残し、名義変更が必要であれば変更の可否について加入保険会社に確認します。

生命保険の名義変更は、生命保険の商品ごとに異なってきます。何でも簡単に名義変更ができるものではありません。そのため、離婚協議をおこなうときには、手続き面について、事前に保険会社に確認しておくようにしましょう。

 

生命保険は財産としての側面もあります。死亡保障だけの保険である場合もありますが、終身保険などは貯蓄性を持つことがあります。このような生命保険は、解約したときにお金が戻ります。このお金のことを解約返戻金といいます。生命保険の保険料(いわゆる掛け金)が婚姻期間中に支払われていれば、解約返戻金は夫婦の共同財産として、財産分与のさいに評価されます。

したがって、夫婦どちらの名義になっているかに関係なく、生命保険については財産分与の話し合いにおいて、整理していくものとなります。

ただし、掛け捨ての死亡保障保険については、話し合いで、加入契約者が継続していくことが望ましいと考えます。生命保険は、年齢が上がるほどに死亡リスクが高くなることから、再加入するとなれば高い保険料を支払わなければなりません。また、養育費の負担義務者は、万一のときの子のために保障を残しておかれるとよいと考えます。

また、生命保険の受取人もチェックが必要になります。離婚のときには、生命保険の受取人を変更することが一般的です。受取人の変更は、加入契約者の変更と違って、あまり難しいことではありません。加入保険会社に確認しておきましょう。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等