公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

決めた財産分与の内容を変更したい

離婚協議で話し合って決めた財産分与の契約について、考え直してみて変更したいができるのか?このような質問もあります。

基本的には、一度行なわれた契約は有効ですので変更は認められません。契約した内容が容易に変更できてしまっては、契約の信頼性が損なわれてしまうことになり、離婚の仕組み自体が混乱してしまいます。

契約は守るために結ばれます。そのためにも、契約をおこなうときには、十分なる検討が欠かせません。やり直しはききませんから。

それでも、場合によっては後からの変更が認められることも例外的にあります。

たとえば扶養的財産分与として、離婚後に毎月いくらかを支払う契約です。扶養的財産分与は、財産分与などが十分にないときに、離婚後に生活ができる水準まで毎月の定期金によって経済生活を支えるものです。そのため、予定よりも早く経済的自立ができるようになったときには、扶養的財産分与の意義はなくなりますので、支払いを減額したり停止したりすることが認められることがあります。

また、離婚協議のときには分与対象財産として考えていなかった財産が後から見つかった場合、この見付かった財産を財産分与の対象として検討しなくてはなりません。このときには財産分与という形で分与が行なわれることがあります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等