公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

母子寡婦福祉資金

未成年の子を扶養している母子家庭の母親に対して、事業、修学、医療、住宅などの各資金について、無利息または低利で貸し付けする母子寡婦福祉資金の制度があります。母子家庭の経済的自立と生活意欲を高め、児童の福祉も推進することを目的としています。母子及び寡婦福祉法に基づきます。

各自治体の福祉担当課等が窓口となっていますので、各資金が必要になっているときには、最寄りの役場にご相談されることをお勧めします。

 

離婚した後の母子家庭は、一般的に経済収入に余裕のないことが多いことから、預貯金などの資金がないばかりでなく、金融機関等から借入する際の審査においても厳しいこととなります。そのようなことから、公的な制度として設けられています。

子の進学にはお金がかかるのが現実です。高校進学率はすでに97%を超えておりますが、近年では大学進学率も50%を超えてきています。しかし、大学等への進学には、高額な費用負担が発生します。

離婚の際に養育費に関する取り決めが行なわれたとしても、基本的には毎月の生活に消えてしまいます。特別の費用として大学資金までをカバーする養育費の契約を結ぶことは、容易なことではありません。しかし、資金が用意できなくて、子の夢をかなえられないのは残念です。

このようなとき、子が将来の目標に向けて進学できる環境をととのえるものとして、奨学金制度のほかに公的な融資制度も活用していきたいものです。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等