公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

母が再婚したときの子の氏

まだ若い夫婦が離婚したときには、再婚することが多くあります。再婚して、あたらしい家庭を築いていくことは良いことです。

再婚のとき、母親に未成年の子がいるときには、子の氏(姓)の問題に注意しなければなりません。再婚した場合にも、夫婦同氏の原則により、一般的には母親は再婚相手の氏を名のり戸籍を同じくします。ここまでは、結婚したときの一般的な手続きとして問題になりません。

問題になるのは、母親の子です。子は、再婚相手とは親子関係がありませんし、氏も異なっています。そのため、子は母親の元の戸籍に残ることになります。そうすると、母親と子の氏が異なってしまうことになります。

未成年の子であると、一緒に暮らしていて親子の氏が異なるのは支障が生じることも起きてしまいます。

このようなときには、家庭裁判所に対して子の氏の変更申し立てをおこなうことが考えられます。家裁の許可がおりれば、母の戸籍に入ることができます。

また、再婚相手が、母親の子を養子にすることもできます。養子縁組が結ばれると、法律上の親子関係が生じますので、親子で同じ戸籍になります。養子縁組の成立によって、その子は養親の相続権を持つことにもなります。

 

なお、母親が再婚して、その子が再婚相手の養子になる場合には、養親と子の間には扶養義務が生じます。このため、未成年の子の扶養義務者は一義的には養親となりますので、前夫から払われている養育費の金額について変更されることが考えられます。養子縁組のない再婚であれば、扶養義務は元の父母ですから、扶養義務にかわりありません。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等