公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

戸籍謄本の取り方は?

離婚の公正証書を作成するときには、戸籍謄本が必ず必要になります。公証役場へ提出します。

戸籍謄本は、日本人の身分関係を公的に証明するものとなります。これ以外には公的な資料となるものがありません。
戸籍は、親子2代までが一つの戸籍となり、結婚すると夫婦での新しい戸籍がつくられるようになります。したがって、法律上の夫婦であると、一つの同じ戸籍にいることになっています。ほとんどが、夫の氏(姓)による戸籍をつくります。

戸籍は、本籍地の市区町村で管理しています。本籍地は、どこでも好きなところに置くことができますので、住所地と直接には関係しません。そのため、本籍地と住所地の市区町村が異なっていることが多くあります。

戸籍謄本の請求は本籍地の市区町村に対して請求することになります。もし本籍地がどこであったか分からなくなってしまったときには、自分の住民票を取得することによって、記載されている最新の本籍地を確認できます。

一般に本籍地はあまり変更しないことが通常ですが、住所地の変更に合わせて変更される方もいらっしゃいます。特に法律での規制もありませんので、すべて本人の意思によります。住所の近くに本籍地があった方が何かと便利だという考えもありますし、自分のルーツを示す戸籍地を大切にして変更されない方もいらっしゃいます。

なお、離婚前に離婚公正証書を作成するときには、未成年の子も含めた全員の戸籍謄本が必要になります。
もし、ご自身での戸籍謄本の取得が難しければ、弊所にて取得することもできますので、ご依頼時にご相談ください。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等