公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

慰謝料の相場は?

離婚慰謝料の金額はどう決めるのか

離婚の慰謝料は、離婚の原因になった行為(不倫浮気、暴力など)や離婚自体によって受けた精神的苦痛を償うために支払われるものです。そのため、個別のケースにより慰謝料の金額は異なります。具体的には、慰謝料の原因となる行為の内容・程度、夫婦の婚姻期間、経済的収入により決められます。加害行為の重さ、期間の長さが大きいほど、精神的苦痛は大きかったものと考えることになります。離婚自体の慰謝料は、婚姻期間が長いほど高くなる傾向があります。

一般には、50万円から400万円の範囲で決められていると言われています(中心帯は200~300万円です)。

 

どのように慰謝料請求するか

協議離婚の場合には、離婚時の夫婦間の話し合いによって決められることが一般的です。慰謝料の負担と金額を決めてから、協議離婚の届けを行ないます。財産分与のなかに含めて慰謝料の清算を行なうこともあります。

もちろん、離婚届を先に出しておいて、離婚後に慰謝料を決めることも可能です。ただし、慰謝料の請求は、離婚になったことによる請求であれば、消滅時効の関係から、離婚後3年以内に請求することが必要になります。

もし、当事者間の話し合いがつかない場合には、家庭裁判所への離婚調停、訴訟により決めることになります。この場合には、弁護士に事務委任すると弁護士報酬等が必要となります。このほか、不倫などの場合には証拠固めも必要になります。それらの費用は意外に高額となることもあるため、請求金額にかかる費用も計算して、請求自体を行なうべきであるかを判断しなければなりません。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等