公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

悪意の遺棄とは?

夫婦には同居して、互いにたすけあって共同生活していく義務があります。実際には、夫婦であれば、義務であることを意識しないで婚姻生活が続いていくことが普通であると思います。単身赴任などといった特別な理由がなければ夫婦は同居するものです、婚姻生活に必要となる費用については、夫婦がそれぞれの収入に応じて負担することになります。

ところが、夫婦関係が悪くなり、一方が勝手に理由もなく家をでていってしまうことがあります。そして、生活費も家庭に入れないという事態も起こります。夫婦の一方に異性関係ができた場合などに起こりやすくなります。

同居も行わずに生活費も負担しないとなれば、夫婦としての関係を維持していくことは難しくなります。それでも、夫婦のそれぞれに経済力があれば生活も維持できますが、母子だけが残されたりすれば生活していくことも困難な状況になってしまいます。

このため、以上のような状況になると、悪意の遺棄として、裁判上の離婚原因として認められることがあります。

ただし、一時的な状況ですと、悪意の遺棄としては認められないことになります。ある程度の一定期間において、そのような状況が継続していることが必要になります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等