公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

忙しくて公証役場へ行けない

離婚のときに作成する公正証書は、離婚給付契約といって、離婚という身分に関しての契約として位置づけられています。
一般に公正証書によっておこなわれる金銭の貸借契約であれば、代理人による作成が認められます。ところが、離婚契約に関しては原則として当事者(夫婦)が公証役場で出向いて、公正証書を作成することになります。重要な身分に関する契約を代理人でおこなうことはふさわしくないと考えられています。

ただし、公証人がやむを得ないと判断する場合には、一方を代理人としての公正証書の作成も認められます。この理由は、公証人の判断となります。単に忙しくて時間がとれない、ということでは認めてもらえません。

弊所でも代理人として公正証書の作成をおこなっております。もし、どうしても公正証書の作成のために平日に公証役場へ行くことができないというときには、弊所までご相談ください。

 

※代理人による公正証書作成の注意

離婚給付契約は重要な契約となります。公正証書で作成した契約内容は、お互いにきちんと守らなくてはなりません。そのため、代理人による作成は、代理人の明確な意思に基づいて公正証書を作成することが大切になります。契約する内容を理解していただいたうえで、委任状を提出いただくことになります。

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等