公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

宗教活動による離婚

日本では憲法で信教の自由が認められています。個人で熱心に宗教活動をおこなう方はたくさんいます。

夫婦であっても、一方だけが宗教活動をおこなうことはあります。この宗教活動が夫婦生活にも強く影響がでてくると、離婚の問題にも発展しかねないことがあります。

宗教活動から日常生活の在り方等に影響が出てきたときでも、配偶者が受容できる範囲である限りでは問題になりません。ほとんどの夫婦では、そのようなことで上手く関係が維持できているのだと思います。

しかし、受容の範囲を超えてきたときには離婚問題となり、宗教活動が離婚原因になるのかということが問題になります。宗教活動は法律上で認められている事ですから、そのこと自体を問題化することは難しいこととなります。

そこで、宗教活動により婚姻生活上でどのような支障が起きているのかということが検討されることになります。夫婦は共同生活を送る義務がありますので、お互いに配慮していかなければなりません。しかがって、宗教活動そのものを責めるわけにもいきません。ただ、その活動が度を過ぎていて婚姻生活の維持に支障がでてきてしまうと困ります。また、思想の違いから、夫婦の信頼関係が維持できなくなることも考えられます。

このようなことから、宗教に関する離婚問題は、宗教活動そのものではなく、その活動が婚姻生活にどのような影響を与えて、そのことによって婚姻関係が破たんする状況になっているのかが考えられることになります。

宗教が法律に関係すると難しい問題となってしまいます。個別のケースごとに検討が必要になります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等