公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

離婚後に子と戸籍を一緒にしたい

夫婦の離婚については、離婚届によって直ちに戸籍に反映される手続きが役所の戸籍係によって行われます(実際の反映までには相応の期間がかかります)。でも、子については、そのまま何も変更が行なわれません。

例えば、子の親権者が母親になり、離婚によって夫婦の戸籍から母親がでる(復氏、婚氏続称)ことになっても、自動的に子が親権者の母親と一緒に戸籍から出ていくことにはなりません。

離婚後に親権者となる母親が子の監護をしていくなかで、名字(法律上「氏」といいます。)が親子で違っていると、実生活に支障が生じます。また、戸籍が別々であるのも、生活手続きにおいて不便になります。このようなことから、離婚後に必要な手続きを行なうことによって、子の名字を変えて、戸籍も親権者と同じところにします。

手続きは、まず家庭裁判所に対して「子の氏の変更許可申し立て」を行ないます。子がまだ15歳未満であると法定代理人(親権者)が手続きを行ないます。この申し立てに対して家庭裁判所の許可が得られたら、次に、子の本籍地等に入籍届けを行なうことによって、親権者の戸籍に入れることができるのです。

とくに難しい手続きではありませんので、離婚後の手続きとして早めにやっておかれることが必要です。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等