公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

婚姻関係破たん後の「不貞行為」

夫婦間には貞操(守操)義務がありますので、配偶者以外の異性と性交渉を持つことは認められません。不倫、浮気などは法律上で不貞行為といい、損害賠償責任が生じ、不貞行為をした側に慰謝料の支払い義務が生じます。

ただし、夫婦の婚姻関係が破たんした後では状況が異なります。不貞行為として違法になるのは、夫婦生活の平和を壊すことになるためです。そのため、既に守られるべき夫婦の平和がなければ、その状態で異性関係ができても問題となりません。

 

では、どのような状態であると夫婦の婚姻関係が破たんしていることになるのか、ということが問題になります。

これについては、法律で明確に定義されているものではありません。ただ、ポイントになるものとして「別居」があります。夫婦には同居義務があります。したがって、特に夫婦の合意があったり、やむを得ない事情がなければ、夫婦が同居していない状態は正常な夫婦の状態ではありません。

しかし、だからと言って別居してしまえば直ちに婚姻関係の破たんが認められるのかというとそういうわけではありません。やはり、個別の状況、別居期間によって判断されることになります。別居期間は長い方が破たんが認定されやすいと言えます。

同居の場合にも、婚姻関係の破たんが認められることがあると思われますが、現実には難しいようです。同居していて一緒に暮らしているのに、婚姻関係が破たんしているというのも、どのようにすれば客観的に証明できるのかということになります。

 

以上のように、すでに夫婦が別居しており、婚姻関係の破たん後であると、不貞行為も問題とならない場合があります。このことは、配偶者以外との異性関係が婚姻関係の破たん後に始まったからであり、別居する前から男女関係があったりすれば不貞行為になりますので注意が必要です。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等