公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

別居中における面会交流

夫婦の関係が悪くなると、離婚前でも別居することが多くあります。このときに、一方の親が、未成熟子を連れて家をでる、未成熟子を置いて家をでる、ということがあります。このようになると、面会交流が問題になることが起きます。

婚姻期間中であると、未成年の子の親権は父母による共同親権です。父母のどちらにも子を監護養育する義務があります。したがって、たとえ別居していても子に会う権利はあります。

しかし、別居となるときに夫婦関係が相当に悪化していると、子と同居している方の親が、他方の親に子を会わせないということが起きてしまいます。弊所にも、ご相談としてあります。

夫婦は、離婚によって関係を解消することができます。でも子は、親子の関係を一生継続していくことになります。もし、父母間の関係がよくないと、一方の親との面会が難しくなり、その結果として、一方の親を失うようなことにもなりかねません。

子の精神的な成長のためには、両方の親から愛情を受けることが望ましいとされています。子のためにも、父母間での争いはできるだけ避けるようにし、双方で決め事を話し合いでできるようにしておくことが必要です。

ある程度の話し合いができれば、子が乳幼児であるときを除けば、父母が直接会わなくとも面会交流は可能です。

どうしても父母間で話し合いがつかないときには、家庭裁判所に対して面会交流の申し立てを行なうことができます。

家庭裁判所では申し立てを受けて、面会交流が子の利益にかなうと判断されると、面会交流が認められます。しかし、父母間の争いが厳しい状態では面会交流が望ましくないと考えられることもあります。

面会交流は親の権利であると考えられていますが、家庭裁判所では、子の利益にかなうかどうかという観点から判断されることになります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等