公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

公正証書作成したら離婚しなければ?

離婚公正証書による契約は、身分契約と考えられています。ただし、協議離婚は、夫婦の離婚することの合意と離婚届によって成立します。

したがって、公正証書で離婚契約を締結したとしても、協議離婚届が役所に出ない限りでは離婚は成立しません。公正証書において、どちらがいつ離婚届を提出するかという内容まで記載することもあります。その方が、離婚の手続きと役割が明確となって安心できるからです。

しかし、公正証書で強制執行できることは、金銭支払いに関しての契約部分だけです。いくら公正証書に離婚届をいつまでに行なうという記載があっても、そのことに強制力はありません。

公正証書の作成後になってから、離婚を止めたいと考えることも可能性としてあります。そのときには、公正証書で契約していても、当人の考えが尊重されます。

離婚届を行なうときには夫婦の合意があることが必要です。離婚届不受理申し立ての制度もあります。

公正証書を作成しても、離婚を止めることは可能です。そのような心配がある場合には、離婚公正証書の作成後、ただちに役所に対して協議離婚届の提出をおこなうことです。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等