公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

公正証書の正本と謄本

公正証書を公証役場で作成しますと、債権者(たとえば養育費を受け取る妻側)に公正証書正本が、債務者(たとえば養育費を支払う夫側)に公正証書謄本が交付されます。公正証書の原本は、公証役場に保管されます。

この「正本」と「謄本」の違いは何でしょうか?

公証役場で公正証書ができあがると、上記のように夫婦のそれぞれに公正証書が交付されます。そのときに、正本と謄本を受け取る側ができるため、「なんで同じ公正証書ではないの?」という顔を皆さんされることがあります。

公正証書の正本は、公正証書の原本と同じ法律的な効力のある証書となります。強制執行するときには、公正証書の正本が必要になります。この正本に執行文の付与をしてもらい、申し立てを裁判所に行ないます。

一方の公正証書謄本は、正本のような効力がありません。謄本というと戸籍謄本、登記簿謄本が思い浮かびます。これらのように、原本の内容について写したものとして、証明するものとなります。

一方の原本は、公証役場で20年間にわたって保管され、正本、謄本の再交付の請求があるときの元になります。原本には公正証書の作成を依頼したもの(嘱託人)の署名と印鑑があります。

以上のように、原本、正本、謄本とで、それぞれ意味が違ったものとなっています。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

 

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等