公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

公正証書の作成日はいつ決まる?

公正証書離婚をするためには、夫婦が公証役場まで出向いて公正証書を作成することになります。

公証役場は国の機関ですので、平日(月~金)の9時から17時までしか開いていません。そのため、公正証書離婚する側は、平日に仕事を休んで公証役場までいくことになります。このため、公正証書の作成日が事前に分からないと、急に仕事を休むことができないために、公正証書の作成ができないことになります。

公証役場では、予約なしの来場客もいますが、基本的には予約を優先させてくれます。ですから、あらかじめ早い段階から、公正証書の作成日を予約しておくことで、仕事との日程調整が可能になります。

 

弊所に公正証書離婚のサポートをご依頼いただく場合には、公正証書の原案作成にお客さまのご意向をしっかりと反映させるために、原案完成までの時間がかかります。お客さまの承諾を得て原案が完成しても、公証役場との調整も行なわなければなりません。

このため、公正証書の作成日の予約は、通常では、公正証書の内容が公証役場で固まってから決めるようにしています。

ただし、お急ぎの場合については、公証役場との最初の調整の段階から日程を先に決めてしまうこともあります。この辺につきましては、ご依頼の際に、お客さまの離婚手続きに関するご予定を確認させていただきながら、調整することとしております。

日程のことでご希望がある場合には、お気軽にご相談ください。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

 

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等