公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

住宅ローンの連帯保証人になっている

住宅の購入時に住宅ローンを組みます。このときに、夫婦の一方(一般的には夫)が債務者となり、他方(妻)が連帯保証人になることがあります。このままの状態で離婚すると、法律上の婚姻関係が解消して他人同士になっても、住宅ローンに関しては二人は運命共同体ということになっています。望ましくない状態です。

このため、離婚の条件整理の一つとして、連帯保証人から外すことを考えなければなりません。一般的には連帯保証人が必要であったということは、債務者の返済能力が十分ではないと、貸し手からは判断されていたことになります。

住宅ローンの契約以降に債務者の収入が大幅に増えていれば返済能力が高くなっているため、連帯保証人を外してもらうこともできるかもしれません。しかし、そうでない場合には、代わりの連帯保証人を付けたり、追加の担保提供をおこなうことで対応する方法が考えられます。債務者の信用力も重要な要素となります。

最終的には、住宅ローンの貸し手の判断となります。認められなかったときには、住宅ローンの借り換えも検討が必要になります。

なお、貸し手である銀行との協議については、むやみに行なうことは慎まねばなりません。離婚によって、債務者が住宅に住まなくなることもあるからです。住宅ローンは、基本的には居住目的で住宅を購入するときに貸し付けられる商品です。したがって、住宅ローンの対象となる住宅に居住しなくなることが違約になってしまうことも考えられるためです。

貸し手との協議は、慎重に進めることが必要となります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

 

 

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等