公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

不貞相手への慰謝料請求サポートは?

公正証書離婚の手続きを進める中で、配偶者に不貞があるときには、不貞相手に対して慰謝料請求をおこないたいというお客さまからのご相談をお受けいたします。

不貞相手への慰謝料請求には、不法行為が成立するための要件として、相手の故意または過失が必要になります。もし、不貞相手が、配偶者が結婚していることを不注意なく知らなかったという場合には、不法行為が成立しませんので、慰謝料の請求ができません。

また、配偶者が別居した以降に始まった関係であるときにも、婚姻関係が破たんしていたと認められるような状況であれば、慰謝料の請求ができなくなります。

弊所でも慰謝料請求のサポートをさせていただいております。弊所は行政書士事務所であることから、相手方との直接交渉ができませんので、内容証明を利用した請求となります。

内容証明は、場合によっては効果的な方法となります。ただし、請求金額が大きい、相手が事実を認めることが期待できない場合には、内容証明だけでは簡単に解決しません。

特に慰謝料の請求金額が大きい場合には、弁護士を通じた解決も有効です。弁護士費用が相応に必要となりますが、慰謝料の中から充当することができます。

ただ、慰謝料の請求方法についてはお客さま自身のいろいろなお考えがあります。また、経緯、事情によって、選択肢も異なります。そのため、どの方法で請求することが最善であるかは簡単に申し上げられません。ご依頼のときに、ご相談ください。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等