公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

不倫浮気の慰謝料請求と証拠

配偶者の不倫浮気相手に対して慰謝料請求したいというご相談が少なくありません。それまで平穏であった夫婦生活を壊されたことへの怒りは、そう簡単に消すことができません。

弊所にもご相談の方が見えられます。相談者の方は、配偶者の不審な行動から不倫浮気の気配を感じ取って、配偶者のメールなど通信記録をチェックします。そうすると、明らかに疑わしい内容について確認されて、それまでの配偶者の行動や状況とあわせて、不倫浮気の事実を確信されることになります。

また、直接に配偶者の側から異性との付き合いの事実を告白され、離婚したいと告げられることも多くあります。このようなとき、すぐに一方的に別居される(家を出ていく)こともあります。のこされた配偶者としては、精神的に参ってしまわれます。

 

不倫浮気は、配偶者が貞操(守操)義務違反をおかすだけでなく、その相手側も夫婦の平穏な生活を壊すものとして不法行為を問われることになります(共同不法行為)。民法で規定されている不法行為は、故意または過失があったことが要件になります。

このため、不倫浮気の相手に対して責任を問いただしても、付き合った相手(当の配偶者)が結婚していることを知らなかった、独身であると聞かされていた、というようなことを言う可能性もあります。また、結婚していることは知っていても、すでに婚姻関係が破たんしており近々に離婚の予定である、と言われていたという反論も考えられます。

実際に慰謝料請求を行なうためには、それまでの事実関係について整理しておくことが必要です。このとき、証拠ということが重要になります。証拠がないと、事実であったことも確認できませんし、相手方と話が食い違った場合に問題にもなり得ます。

また、慰謝料請求が裁判にまで発展するときには、証拠がなければ弁護士も訴訟事務を受任してくれないでしょう。裁判では証拠が必要になります。

 

証拠というと、決定的な写真が必要なのではないかと考えられる方もいます。もちろん、そのような証拠があれば申し分ないのですが、その他の証拠でも裁判上の対応は可能です。

手持ちの手紙、メール、録音、領収書、写真、調査記録、日記などを、できるだけ多くそろえておくことが大切です。それらの証拠を総合して、不倫浮気の事実、損害について説明していくことになります。

調査会社(興信所、探偵社など)に依頼すると、有力な報告書ができることがありますが、その分、高い費用がかかることがネックにもなります。また、現在も不倫浮気が進行しているケースでないと、決定的な写真についての入手は難しいかもしれません。

今後、相手と交渉していくならば、少なくともボイスレコーダーくらいは用意されておくのが良いと思います。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等