公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

不倫・浮気相手への慰謝料請求

配偶者の不倫浮気相手に対して慰謝料は請求できるの?

配偶者による不倫、浮気(不貞行為)が離婚の原因となることが少なくありません。このような不倫浮気をした配偶者は、有責配偶者として離婚の際に慰謝料を支払う義務を負うことになります。

このとき、その配偶者の行為相手に対しても、精神的な苦痛を受けたことによる慰謝料の請求ができるのかという問題があります。

夫婦には貞操義務(守操義務とも言います)が法律で定められています。したがって、配偶者以外の異性と性交渉を持つことは違法な行為であり、もう一方の配偶者が精神的な苦痛を受けた場合には慰謝料の支払い義務を負うことになります。

不倫行為をおこなった配偶者と行為相手は、一緒になって不法行為をおこなったこととなります(共同不法行為と言います)。

つまり、不倫浮気をした配偶者の相手に対しても、精神的苦痛を受けた側の配偶者は慰謝料を請求することができます。

 

故意、過失があることが必要

不法行為が成立するためには、加害者の側に故意、過失があることが条件になります。
結婚していたことを知っていた、知らなくとも普通に注意をしていたなら結婚していたことが分かったはず、ということが相手になければなりません。

ですから、不倫浮気を行なった配偶者が独身であると偽っていたような場合には、不法行為が認められないことにもなりかねません。もし、慰謝料請求をするのであれば、以上のことについて確認しておくことが必要になります。

 

婚姻関係が破たんする前の行為であること

相手方がした不倫浮気は、夫婦の平穏な婚姻関係を侵害するものとして違法な行為になります。したがって、すでに婚姻関係が破たんしているという状態では、相手方に不法行為として責任を問うことができません。

どのような状況であれば婚姻関係が破たんしていたのか、とうことはケースごとの判断になります。すでに長期にわたって別居しているような場合には、別居後に関係を持った相手方に対して慰謝料の請求をおこなうことは難しいと考えられます。

 

慰謝料の金額はどう決める?

不倫浮気は共同不法行為となるため、慰謝料については、不倫浮気をした配偶者、その配偶者の相手方のどちらに対しても請求することができます。両方に対して請求することもできます。請求できる金額は、その行為の回数、期間等によって異なりますので個別に判断していくことになります。

例えば離婚慰謝料の金額が200万円とするなら、両方に請求する場合には合わせて200万円ということになります。それぞれから200万円の合計400万円を受け取ることにはなりません。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

公正証書離婚@安心サポート

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等