公正証書離婚@安心サポート

公正証書離婚が貴女の養育費を守ります。

サポートに必要な資料は?

公正証書離婚サポートに必要となる資料を教えてください、というご質問を受けます。
必要資料は、基本的に公正証書の作成のために公証役場へ提出する資料ということになります。

契約の身分確認の関係で、戸籍謄本、印鑑証明書が必要になります。印鑑登録をしていない場合には、運転免許証で大丈夫です。
財産関係に関しては、各離婚契約の内容によって異なってきます。住宅の財産分与がある場合には、登記事項証明書(登記簿謄本)、固定資産評価証明書が必要となり、住宅ローンに関しての契約も含まれるときには、償還表なども必要となります。

そのほかの財産分与があれば、分与対象の財産を特定させる資料が必要です。

年金分割を行なうときには、年金手帳の写し、年金分割のための情報通知書も必要になります。
年金分割のための情報通知書は、年金事務所によっては発行に数週間もかかってしまうことがあります。年金分割をご検討する段階で、早めに準備をされておくことがよろしいと考えます。

公文書である公正証書の内容を間違いのないものとするために、公的な証明書を基にして公正証書を作成する必要から、以上のような資料をご用意いただくことになります。ちょっと面倒な気がされるかもしれません。

ただし、公証役場によって、資料の取り扱いも異なることがあります。そのため、実際には公証役場(公証人)を特定してから、打ち合わせにより資料を固めていくことになります。

 

公正証書、協議離婚についての、ご相談・お問い合わせ先

「公正証書離婚@安心サポート」は、離婚など家事を専門とする船橋つかだ行政書士事務所が運営しています。協議離婚における公正証書離婚サポートを中心として、離婚協議書、示談書、内容証明の作成など、協議離婚に関連した各サポートをおこなっています。

協議離婚に関して、ご心配のことなどありましたら、お電話、メールにより、下記までご相談ください。

>>お問い合わせ先(こちらをクリック)<<

 <公正証書離婚@安心サポート

 

事務所のご案内

お問合せ・ご質問

公正証書離婚についての情報

養育費で知っておくこと

財産分与の方法

離婚の慰謝料

よくあるご質問(養育費)

よくあるご質問(離婚協議)

よくあるご質問(離婚後)

よくあるご質問(一般)

生命保険の保障見直し

特定商取引法に基づく表示等